2010年10月20日

自律神経失調症

自律神経失調症は「疲労を回復せよ」という警告

自律神経失調症をご存知ですか。

脳の疲労等から、自律神経がバランスを崩し、めまい・多汗(あるいは冷や汗)・不眠状態・血圧の激しい上下動などを引き起こす。一般的にこう言われています。

ストレスが多い現代社会で、過度の疲労をためると、自律神経失調症になりやすい、とよく言われます。すなわち自律神経失調症はインターネット等の普及した情報化社会の現代病だと。

このことは当たっていると思います。しかし、もし自律神経失調症が起きなかったら、その人は過労で死んでしまう・・・ケースも多いと思います。

例えば、自律神経失調症で「めまい」や「多汗症状」がでる。"これはさすがにおかしい"、ということで急きょ、仕事を休む。その結果、過労死や突然死を未然に防ぐ。こういった機能、すなわち日常生活での "緊急の疲労回復機能" が、自律神経失調症にあると思う。自律神経失調症は「疲労を回復せよ」という身体からの警告だと思います。

自律神経はパソコンのOSのようなもの

自律神経は人間の体の恒常性を保つ役割を果たしています。自律神経は僕らが普段、意識するしないにかかわらず、心臓や肝臓、腎臓、胃腸などを適切に動かしてくれています。パソコンで言えば、優秀なOS(オペレーティングシステム)やBIOSみたいなもので、基本的に安定していて、異常な動作はしないものです。

そして自律神経は「交感神経」と「副交感神経」という2つの神経バランスで成り立っています。交感神経はアクティブな状態を促進・維持し、副交感神経は静的に体を休ませます。活動する神経=交感神経、休息する神経=副交感神経と言えます。

そもそも太陽が昇れば、交感神経が働き、人間は元気に活動する。日が沈めば、副交感神経が働き、人間は休息・睡眠をとる。こういう自然の摂理に合わせたのが、交感神経+副交感神経=自律神経なのです。

24時間社会は自律神経バランスを壊す

で、問題はコンビニエンスストアやインターネットが幅を利かせる24時間体制の社会になると、人間は昼夜問わず「交感神経」優位になりやすい。感覚としては、24時間、太陽が昇り続けているようなものです。

また仕事で連日深夜まで残業、残業となると、これもまさに「24時間交感神経状態」でしょう。過酷な業務で神経をすり減らしたり、尋常でない人間関係に悩まされたりすれば、過大なストレスにさらされるでしょう。

これはきつい。現代のようにストレスが多いと、常に交感神経が働くことになり、副交感神経が働けません。つまり「休めない」、「眠れない」、「疲れが取れない」状態です。そして、疲労がどんどんたまる状況になります。このままでは過労死へ一直線です。

脳のブレーカーが落ちる
 a0006_002273.jpg
そこで「自律神経失調症」という警告が鳴り響きます。異常な「ふるえ」や「多汗」等が強制的に身体と心を休ませようとするのです。電気を使いすぎると家のブレーカーが落ちるように、脳の(あるいは神経の)ブレーカーがバチンと落ちるのです。

ですから、自律神経失調症と診断されたら、「過労死せずに良かった」と思えば良い。「病気」であるのだから、大手を振って「休息」をとりましょう。自律神経失調症は、半強制的に疲労回復へ向かわせる、人間の身体に備わったある種の "緊急避難所" だと思います。

※参考資料
・「自律神経失調症 - Wikipedia」、http://ja.wikipedia.org/wiki/
・「自律神経失調症 うつ病ナビ ココカラ」、日本自律神経研究会代表・鈴木直人氏、http://www.jiritunavi.com/
・「自律神経失調症 知っておこう!カラダのこと」、埼玉 アゼガミカイロプラクティック治療室、http://www.azegami.com/jiritu/
・「自律神経失調症support」、 2008-2010 自律神経失調症 チェック 症状、http://genki-go.com/
※写真は「写真素材 足成」の素材を利用しています。http://www.ashinari.com/
posted by 疲労回復 at 16:26| Comment(0) | 疲労回復〜精神編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

疲労回復〜疲労と疲労感

疲労と疲労感は違う

「疲労と疲労感は違う」というと驚かれるのではないでしょうか。もちろん疲労と疲労感は非常に密接に関連しています。しかし厳密には少し違いがあります。

主に、疲労と疲労感の流れは次のようになります。

1. 人間が活動すると、様々なストレスが発生する。
2. 体内で活性酸素が発生する。
3. 活性酸素が細胞を傷つける。「疲労」が発生する。
4. 細胞から老廃物(疲労物質)が出る。
5. 血液中やリンパに老廃物が排出される。
6. 脳がその老廃物を感知し、「疲労感」を得る。

そうなんです。上記の3番が疲労であり、6番が疲労感です。ほとんど一緒ですが、ずれがあります。通常、「疲労」がまず発生し、その後、「疲労感」が感じられます。

普通の状態では、疲労と疲労感は一体なのですが、時としてそうで無い場合があります。

みなさまも学生時代を思い出してください。試験勉強を一生懸命に長時間おこなうと、大変疲れます。生理学的にも脳細胞はより多くのブドウ糖からエネルギーを得て、フル回転しています。やはり体内の細胞が一時的にある程度傷つきます。「疲労」が発生するのです。
a1020_000056.jpg
しかし試験本番に実力を十二分に発揮し、合格点を取ることを確信すると、疲れも吹っ飛びます。試験に成功したという「嬉しい実感」が、疲労を消すのです。

あるいはスポーツでも仕事でも人間関係でも上手くいき、成功した実感を感じると、疲労が感じられなくなります。「成功」が「疲労」を消すのです。

疲労がマスクされる危険性

これを「疲労がマスクされる(隠される)」状態といいます。実はこの状態が危険なのです。

様々な作業やストレスで、多かれ少なかれ、「細胞」は確実に傷ついています。つまり生理学的に確実に「疲労」しています。しかしある種の成功実感、期待感、達成感、楽しさ、あるいは責任感や義務感などで、この「疲労」がマスクされると、「疲労感」が感じにくくなります。

そうなると人間は実際には疲労しているのに、疲労感を感じず、「疲労していない」と勘違いします。そして仕事など様々な活動をし過ぎて、過労状態になります。過労が重なると、命にも関わる事態も最悪、想定されます。巷で見聞する過労死や突然死の一部は、この「疲労がマスクされる」ことを背景にしていると思われます。

「好事魔多し」と言います。たとえば達成感や楽しさがあるからと、調子に乗って仕事を頑張りすぎると、後でガクンと疲労(いや過労)に襲われるケースがあります。これは適度な疲労回復を怠ったツケといえます。

あるいは強い義務感や責任感も「疲労をマスクする」傾向があります。強い責任感がその人の疲労感をマヒさせるのです。生真面目な会社員が手抜きもせず膨大かつ困難な仕事を長期間続け、倒れた・・・なんて話があると思います。強い責任感が疲労をマスクするため、疲労感が感じられず、仕事を抱え過ぎてしまう。

したがって例えば、大きな充実感や責任感で、あなたが仕事に疲れを感じなくても、客観的に「疲れ・疲労」があるはずだと判断すれば、こまめに意図的に疲労回復を図りたいものです。

疲労回復は睡眠が最適

その際の疲労回復は必ず「睡眠」を軸に行うのが適切です。仮に不眠気味だとしても、身体を横にして、目を休め、体内の細胞を休めましょう。細胞を癒し、回復を待つのです。さらに睡眠によって、血液中の疲労物質が減少し、血液が酸性からアルカリ性に移行します。このような「疲労回復メカニズム」も働くのです。

間違ってもお酒やたばこ、栄養ドリンク等のみで、表面的に疲労を取ろうとしてはいけません。これでは細胞レベルの「疲労」は残り、単に「疲労感」がマスクされただけです。

必ず「睡眠」ないし「睡眠に近い状態」で疲労回復を図りたいものです。眠ることで細胞の傷が癒され、細胞レベルの疲労が減少して、疲労回復されやすくなります。

なお眠るとかえって若干の疲労感が出てくるときがあります。これは、睡眠で疲労感へのマスクが消え、本来の感覚が戻り、本来の疲労感が戻ってくる状態と考えられます。ある意味、健康な状態と思われますので、過度に気にする必要は無いと思います。

もちろん疲労感が大きい等の異常や違和感がある場合は、体内に異常等があるかもしれませんので、医療機関にご相談下さい。

※参考資料
・「話題の鶏胸肉から高濃度抽出したイミダペプチド!」、日本予防医薬(スポンサードリンク)、http://imida.me/1020imida_tv_g/
・「健療施術院」、http://www.etc-karada.com/kenryou/
・「CBC公式ホームページ>テレビ>カラダのキモチ>アーカイブ>第209回」、http://hicbc.com/
※写真は「写真素材 足成」の素材を利用しています。http://www.ashinari.com/
posted by 疲労回復 at 14:28| Comment(0) | 疲労回復〜精神編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

疲労回復〜ため息・深呼吸

a0002_000177.jpg

みなさま、ストレスがたまって疲れたとき、「ため息」をつきますよね。とくに精神的にへこんだ時、多くの人がため息をつくと思います。ため息を定義すれば、ストレス等を感じた時に大きく息をはく状態といえましょう。

これは実は理にかなっているのです。体を休め、血行を良くし、細胞の代謝をほどこし、疲労を回復させる。「ため息」にはこういった役割があるのです。

1. ストレスなどで興奮し、交感神経が活発になると、体内に活性酸素がたくさん発生します。活性酸素は細胞にダメージを与え、疲れた状態になります。

2. すると呼吸の筋肉がかたくなり、呼吸が浅くなります。体内に取り込む酸素が少なくなります。

3. そこで「ため息」の登場です。ため息すなわち「深呼吸」でたくさんの新鮮な酸素を取り込み、副交感神経を刺激します。またたくさんの酸素は、疲労物質(乳酸)を水と炭酸ガスに分解してくれます。

4. すると体はリラックスするモードになり、自律神経のバランスが保たれ、血行も良くなります。

5. 身体の代謝バランスも改善され、細胞の代謝も促進されます。疲労回復に向かうのです。

また昭和大学医学部の本間生夫教授の研究グループによれば、深い呼吸は不安の感情を減らす効果があるそうです。

人間は呼吸をするたびに、脳の「扁桃体」というところで不安や恐怖などのネガティブな感情を認識しています。そのため深い呼吸をすることで呼吸のペースを落とせば、脳が不安を感じる回数を減らすことができ、ネガティブな感情を軽減することができます。(「ココロもカラダも…めざせ!呼吸美人」、NHK「あさイチ」のwebサイトより抜粋)

精神的に厳しい時やへこんだ時、自然とため息が出ます。これは理にかなっているのです。さらに、できれば意識的に「深呼吸」をして、酸素を取り込み、ココロもカラダをいたわり、疲労回復したいですね。

※参考資料:
・Wikipedia「ため息」
・「あさイチ:ココロもカラダも めざせ!呼吸美人」、NHK総合、2010年9月13日、http://www.nhk.or.jp/asaichi/2010/09/13/01.html
・「CBC公式ホームページ>テレビ>カラダのキモチ>アーカイブ>第209回」、http://hicbc.com/
※写真は「写真素材 足成」の素材を利用しています。http://www.ashinari.com/


posted by 疲労回復 at 09:12| Comment(4) | 疲労回復〜精神編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

疲労回復〜歯磨き

a0002_004129.jpg
※写真はイメージです。

会社の上司(実は年下)だった方が、いつも昼食後、歯磨きをしていました。男性です。身だしなみに気をつけている一環で、口臭にも気をつけているのでしょう、と思っていました。先日、トイレで出会ったとき、ちょっと気になっていたので、思い切って聞いてみました。

「歯磨き、すばらしいですね。やっぱり身だしなみですか?」
「いや〜。単純に少し疲れが取れるんですよ。」

??歯磨きが疲労回復? そういえば、以前何かのテレビ番組で、米国の警察官(刑事)が「仕事で疲れたら歯磨きしている」って言ってたっけ。このことか。

         ※         ※         ※

花王ヒューマンヘルスケア研究センターと千葉大学・下山一郎教授の共同研究によれば、脳が疲労した後に歯磨きをすると、脳が活性化され、集中力アップや精神的リフレッシュ効果があるそうです。

実験では、被験者たちは単純計算作業を20分行い、直後に歯磨きをしました。その後、脳と心理の測定(フリッカーテスト、脳波、VAS)を行いました。その結果、脳における疲労回復が認められ、心理的なリフレッシュ効果もあることがわかりました。つまり、歯磨きは、仕事や勉強等で疲れた脳を活性化し、リフレッシュする効果をもつそうです。

ちなみに花王は「昼用歯磨き粉」を発売している。「クリアクリーン チェンジ」です。
(さすが。抜け目無いな。)
当然、「昼食後の歯磨きで気分をリフレッシュ」というのがウリ。気分を高めたいポジティブ系「リフレッシュシトラス」と、集中力アップ系「しゃきっとハーブ」の2種類を出しています。

確かに花王の調査で、昼食後に歯磨きをする人は1998年の31%から、2008年の40%に増加している。理由も眠気覚ましやリフレッシュ等もあり、その潜在ニーズに従い、「クリアクリーン チェンジ」が生まれたわけです。

         ※         ※         ※

疲れたら、歯磨きして、脳をリフレッシュしましょう。
(この記事を書いている途中に、思わず歯磨きしちゃいました。リフレッシュ。リフレッシュ。)

※参考資料:
・「GIGAZINE」、2010年01月14日、http://gigazine.net/news/20100114_toothbrushing_refresh_brain/
・「ニュースリリース」、花王株式会社、2010年01月14日、http://www.kao.com/jp/corp_news/2010/20100114_001.html
・「花王 クリアクリーン チェンジ」、http://www.kao.co.jp/clearclean/change/index.html
・「ITmedia News」、2009年07月02日、http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0907/02/news076.html
※写真は「写真素材 足成」の素材を利用しています。http://www.ashinari.com/
posted by 疲労回復 at 07:50| Comment(0) | 疲労回復〜精神編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月31日

イミダペプチドと脳の疲労回復

「イミダペプチド成分が脳の疲労回復にも効果を持つ。」
ちょっと衝撃的な学会発表が、東京大学の研究グループ(久恒辰博准教授、大学院新領域創成科学研究科)からありました。2011年7月20日東大の研究室が、「イミダペプチド(イミダゾールジペプチド)成分が認知症予防の作用をもつことを発見した」と、パリの国際アルツハイマー病学会で発表しました。

※東京大学大学院新領域創成科学研究科>新領域:体内抗酸化ジペプチドの認知症予防作用発見
http://www.k.u-tokyo.ac.jp/news/20110720hisatune.html

大まかに説明すると、こうです。※わかりやすくするため、疫学的・科学研究的な厳密さの不足はお許しください。
1. イミダゾールジペプチド(イミダペプチド)は抗酸化作用を持ち、筋肉の疲労回復をもたらす。
2. 高齢化社会が進み、認知症(アルツハイマー病)が急増している。
3. 認知症のメカニズムとして、認知症患者は長い人生で脳を酷使し、脳の疲労をためこんでいる。脳の疲労が脳の老人斑をうみ、蓄積させる。その証拠に、より活発に活動する脳領域(海馬など)に、老人斑がより現れる。老人斑は認知症の原因とされる。
4. イミダペプチドが筋肉の疲労をやわらげるのであれば、脳の疲労をやわらげてもいい。そこでマウスで実験したところ、イミダペプチドの一つ(カルノシン)がアルツハイマー病による記憶力の低下を回避させた。

※カルノシンの化学構造式、「体内抗酸化ジペプチドの認知症予防作用発見」より引用(リンク)、
http://www.k.u-tokyo.ac.jp/news/20110720hisatune.html


このブログのタイトルにもある「こころの疲れ」と脳疲労は、イコールかあるいは、密接に関係しているでしょう。他の動物や昔の人々と違い、IT化された環境に生きる我々現代人は、脳を過剰に使っています。鶏胸肉に多く含まれるイミダペプチドは、脳の疲労回復すなわち「こころの疲れ解消」に役立つ、と思われます。

参考資料: 「話題の鶏胸肉から高濃度抽出したイミダペプチド!」、日本予防医薬(スポンサードリンク)、http://imida.me/1020imida_tv_g/


posted by 疲労回復 at 23:05| Comment(0) | 疲労回復〜精神編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

疲労回復〜みどりの香り

【送料無料】みどりの香り

【送料無料】みどりの香り
価格:2,310円(税込、送料別)


疲労回復にみどりの香り? 何のことだかわからない方も多いかと思います。結論から言えば、「みどりの香り」とは、"葉っぱ" の青くさい香りのことです。たとえば森林浴で「みどりの香り」を取り込むことで、疲労回復を促す、ということです。

巷で流行っている "アロマによる癒し" も、香りによる癒しですので、もちろん関係しています。が、ここでは森林浴をイメージしていただき、「みどりの香り」がいかに疲労回復に寄与しているかを考えたいと思います。

みどりの香り=青葉アルコールと青葉アルデヒド

みどりの香りを分析すると、緑葉に含まれる「青葉アルコール」や「青葉アルデヒド」が主成分です。わずか6個の炭素でできた、8つの化合物で成り立つ複合的な香りです。これは、かつて日本の研究において、お茶の成分から発見したそうです。

ヒトはこのみどりの香りをかぐと、心地よい気分になり、脳の血流量が増加します。この脳の血流量アップが、脳に余裕をもたらし、結果として脳の疲労回復につながると思われます。具体的には、みどりの香りは心理的なリフレッシュ感をもたらします。また同時に鎮静作用を生み出します。

みどりの香りと疲労回復のメカニズムにはまだまだわからない点も多いのですが、少なくてもいくつかの科学的実験(動物実験や臨床的実験)において、みどりの香りの疲労回復効果・効用は有意に証明されています。

疲れたら、みどりの香りをかぐ

みどりの香りの疲労回復効果の特徴は、疲労やストレスをまねく作業あるいは作業に効果を発揮します。作業の前に、すなわち事前に、みどりの香りを嗅いでも、効果はあまりみられません。つまり、@疲れたら、Aみどりの香りをかぐと、B疲労回復するわけです。

みどりの香りを利用した商品がもっと一般的になってもよさそうですが、人によって好き嫌いのある「青くささ」そのものに商品としては問題があるなど、いくつかのハードルがあり、商品化には難点も多いようです。

まぁとにかく、仕事に家事に勉強に疲れたら、近くの公園に行って、「みどりの香り」を思いっきり吸い込みましょう。必ず疲労回復すること請け合いです。

※参考資料:
・「間違いだらけの疲労の常識 だから、あなたは疲れている!」、梶本修身(監修)、永岡書店、2011年
・「進化する“みどりの香り”―その神秘に迫る (香り選書 2)」、畑中顯和(著)、フレグランスジャーナル社、2008年
・「疲労等による神経内分泌機構変調の動態解明」、中島敏博、京都工芸繊維大学大学院・工芸科学研究科、http://www.hirou.jp/seika/pdf/nakajima.pdf
・「みどりの香りの研究の今昔:"ヒトは何故にみどりの香りによってリフレッシュされるのか!" 〜植物とヒトの不思議な関係の実証的基礎研究〜」、畑中顯和・山口大学名誉教授、http://www.ehime-u.ac.jp/~achem/seminar/gist/87.pdf
posted by 疲労回復 at 18:56| Comment(0) | 疲労回復〜精神編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

疲労回復〜笑い

近所のドラッグストアで、タレントの毒蝮三太夫さんをみました(TBSラジオ『大沢悠里のゆうゆうワイド』の公開生放送)。いや元気だね。御年齢75歳とは思えない。軽妙なトークと辛口の毒舌、そしてにじみ出るやさしさ・・・。本当に毒蝮さんのように私も歳をとりたいと思う。


※毒蝮三太夫ホームページより
http://www.mamuchan.com/photo/mamushi.gif

そこで思った。なんで毒蝮さんは若いのか。疲れていない(ようにみえる)のか。(さすがに上記写真は少し前の写真だと思うが・・・)

「笑い」だよ。その答えは「笑い」だと思う。たぶん毒蝮さんは「笑い」が健康にもたらす効用を知っている。そのラジオ番組の公開生放送でも、ちょこっと似たようなことを言っていました。

ベータ・エンドルフィン

「疲労回復法〜精神編」のその1として「快感」を取り上げましたが、実は「快感」と「笑い」は近い関係にあるようです。ともに脳内ホルモンのエンドルフィンと関係しているからです。
※疲労回復法〜精神編 その1 「快感」

笑うと、ヒトの脳内でエンドルフィン、特にベータ・エンドルフィンが分泌されます。ベータ・エンドルフィンは脳内ホルモン(神経伝達物質)の一つで、鎮痛効果(鎮静効果)や高揚感・幸福感等をもたらします。その鎮痛効果は、なんとモルヒネの数倍と言われています。

例えばマラソンのような有酸素運動で辛い身体状態が続くと、脳内でベータ・エンドルフィンが分泌され、ストレスが軽減され、さらに快感や陶酔感に発展します。よく「ランナーズ・ハイ」と言われる状態です。

このようにベータ・エンドルフィンは、その強力なモルヒネ様作用により、ストレスの軽減および高いリラックス効果をもたらし、疲労を大きく軽減させる。この場合厳密には、疲労回復というより疲労感の軽減と言えますが・・・。

副交感神経

また「笑い」は副交感神経を優位にします。

自律神経系は交感神経と副交感神経から成る。緊張を強いられる情報化社会の現代では、覚醒や闘争などをつかさどる交感神経が常に優位になりがちです。当然ストレスも多く、疲労を蓄積しやすい。

「笑い」による副交感神経の優位により、血圧や心拍数は低下し、呼吸数も少なくなります。すなわち身体が休まる状態です。このように副交感神経は身体を休息モードにします。そしてカラダは休まり、体の内部から疲労回復が促進されます。

         ※         ※         ※

「笑い」の効用はすばらしい。実は「笑い」で、治癒不可能な膠原病を治したというノーマン・カズンズ氏の闘病記もあるくらいです。

「笑い」で脳内に分泌されたエンドルフィン、特にベータ・エンドルフィンは、即効性が高く、速やかに強力に疲労(疲労感)を取り去ります。そして「笑い」が優位にした副交感神経が、カラダの真から疲れを癒すのです。

※参考資料
・「笑い - Wikipedia」、最終更新 2011年8月16日
・「ベータエンドルフィンとは - 健康用語 Weblio辞書」、2011年、Weblio、http://www.weblio.jp/
・「健康雑学 − 笑いの効能」、ティーエフケイ株式会社、http://www.tfk-corp.co.jp/mamepage/mame04.htm
・「オトコの疲労回復術。疲れ切った体と心をよみがえらせて、全身にエネルギーをチャージせよ。」、2011年、疲労回復ラボ代表@ふるけん、http://ameblo.jp/furuken-jp/theme-10039993179.html
・「自律神経サポート〜副交感神経とは?」、http://genki-go.com/autonomic/03.html
・「膵臓がんサバイバーへの挑戦」、2008年12月22日、http://pancreatic.cocolog-nifty.com/oncle/2008/12/post-dafa.html

【送料無料】笑いと治癒力

【送料無料】笑いと治癒力
価格:1,008円(税込、送料別)

posted by 疲労回復 at 07:15| Comment(0) | 疲労回復〜精神編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。