2008年10月12日

疲労回復法〜肉体編

疲労回復を考える上で、肉体的な疲労は、乳酸等の疲労物質が主な原因です。よって、運動(ストレス)による血液循環で筋肉に新鮮な酸素を送り込み、休息(リラックス)中に疲労物質を分解すればよいと思われます。

肉体的な疲労回復には、ストレス(有酸素運動)とリラックス(休息)をうまく組み合わせる。これが鉄則です。

汗をかきかき体を動かし(ストレス)、お風呂に入ってぐっすり眠る(リラックス)。これを適度に繰り返すと、カラダが肉体疲労に耐えられるようになります。前述したスーパーラット状態になります。

※スーパーラット状態・・・ネズミを水槽で泳がせると、2〜3日すると泳いだ後に寝る時間が短くなり、10日もすると寝なくなる状態。疲労回復が強化されることが実験で実証された。

またストレス(運動)もリラックスも適度に与えられると、カラダの免疫機能は活性化します。これは、ストレスが交感神経を、リラックスが副交感神経をそれぞれ適度に刺激するからです。交感神経は白血球を、副交感神経はリンパ球をそれぞれ活性化させ、結果として免疫活性化がおきます。免疫力が高まるとカラダは元気になりますので、疲労回復につながります。

問題はストレス過多とリラックスのし過ぎ(リラックス過多)です。

ストレス過多になると、交感神経が優位になります。すると白血球の顆粒急が増える。そもそも顆粒球は外部から侵入する細菌を攻撃・撃退します。しかし、細菌があまりいないのに顆粒球が増えすぎると、自分の体を攻撃してしまう。よって胃潰瘍や大腸炎になります。

またリラックスして副交感神経が優位になると、リンパ球が増えます。リンパ球はウイルスやガン細胞をやっつけます。免疫機能が高い状態になります。ただしリラックスし過ぎてリンパ球が増えすぎると、免疫過剰でアレルギー反応が起きやすくなります。リラックス過多もアレルギーにつながるのです。
リラックス過多.gif
何事も過ぎたるはなお及ばざるが如しですね。

※イラスト・素材の一部は、「イラスト工房」の素材を利用しています。
posted by 疲労回復 at 13:54| Comment(0) | 疲労回復〜肉体編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

疲労回復〜母なる穀物「キヌア」

ひょんなことから南米の穀物「キヌア」を食べているのですが、疲労回復に良さそうです。
DSCF2192.JPG
キヌアについて説明しましょう。

キヌアは南アメリカでは「母なる穀物」と言われています。キヌアはアガサ属の一年草で、ほうれん草の仲間です。紀元前3000年頃からアンデス地方で食べられていました。標高3000メートル級の高地で、かつ降雨量の比較的少ない地域で育つ生命力の強い穀物です。栄養価はかなり高く、白米に比べ、カルシウム6倍、鉄分9倍、食物繊維6倍です。ビタミンも豊富で、特にビタミンB群とビタミンEの含有量が多い。必須アミノ酸に豊富に含まれている。

現在わたしはケンコーコムで買ったK217980Hキヌア(キノア)200g(430円、送料別)を、ご飯に混ぜて食べています。お米に混ぜて炊いている、といった方が正しいですね。http://www.kenko.com/

味はあまりなく、プチプチとした食感はいいですね。ただどう言ったらいいのか…ちょっと野性味のある野草のような臭み(?)があるので、よく洗ってから、調理したほうがいいですね。よく洗ってから、ご飯と一緒に炊くなり、スープに混ぜて茹でるなりしたほうがいいと思います。(でも実はあの臭みも栄養の元だったりして…)

20世紀の終わりにNASA(アメリカ航空宇宙局)がキヌアの栄養価の高さを高評価し、宇宙食の素材の一つにあげています。NASAによれば「21世紀の地球の主食」とまで形容しています。

お疲れ気味の方にはキヌアをおススメしたいと思います。ぜひ"母なる穀物"キヌアをお試しいただき、疲労回復を実感いただければ幸いです。(薬ではありませんので、疲労回復の効用が保証されているというわけではありませんが…)

※参考資料: 「つらい生理痛、PMSから解放された!」、瑞城 ゆう子著、2003年
----------- ----------
追伸
キヌアは抗酸化食品の側面もあるそうで、酸化による体への悪影響を防ぐことが期待できそうです。このあたりも疲労回復と関係ありそうですね。

※参考資料:
「雑穀キヌアとは」
http://quinua.jp/quinua/quinua_index.html
「キヌア(キノア) 雑穀キヌア女性のための健康コミュニティ」
http://quinua.jp/
posted by 疲労回復 at 12:08| Comment(1) | 疲労回復〜肉体編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

疲労回復〜トマト・梅干・りんご・レモン

疲労回復を考える上で、食べ物は切っても切り離せないカテゴリーと思います。特に肉体疲労の回復に関しては、かなり研究が進んでいます。ここではクエン酸等に注目してみていきましょう。

■トマト
トマトは一般に思われている以上に疲労回復に効果がある栄養素を持っています。
tomato.jpg
まずクエン酸、リンゴ酸といった有機酸が含まれています。クエン酸等は体内の糖質の代謝を促進します。つまり食物を速やかにエネルギーも変換してくれます。人間のエネルギー作りに大きな役割を果たします。

また疲労物質である「乳酸」の代謝・分解を促します。乳酸は代表的な疲労物質で、はげしい運動により、筋肉中に蓄積され、疲労のもととなります。クエン酸等はその乳酸を分解する働きを推し進めます。乳酸の分解はエネルギーの生成とも密接に関係します。よって「疲れが取れ、元気が出る」ことも期待できます。

またトマトにはビタミンA、E、Cや、近年有名ななった「リコピン」が含まれています。カロテノイド(※)のリコピンは抗酸化作用を持ち、体内の酸化ストレスを低減させる効果を持ちます。
※カロテノイド:天然に在る色素。抗酸化作用がある。脂肪とともに摂取すると効率的と言われている。

さらにトマトはアミノ酸も含んでいます。運動中にアミノ酸を含んだスポーツドリンクを飲むと、疲労が低減すると言われています。このようにアミノ酸にも疲労回復の効果が充分期待できます。

■梅干・りんご・レモン
梅干・りんご・レモンには酸味成分であるクエン酸・リンゴ酸等の有機酸が含まれています。上記で指摘したように、体内の代謝活動を促し、乳酸の分解し、エネルギー作りを促進します。疲労回復が図られ、元気を取り戻すことが期待できます。
pickled_plum.JPG
また特に梅干の酸味成分は、食欲増進や殺菌力増強も充分に期待できます。
---------- ---------- ----------
このようにトマト、梅干、りんご、レモンを上手に摂って、ぜひ疲労回復につなげましょう。医食同源と言いますしね。

※参考資料
・「nikkeibp.jp健康」9月1日号、「トマトジュース飲んで、運動後も疲れ知らず」、田村嘉麿氏編集、http://www.nikkeibp.co.jp/archives/394/394284.html
・フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」

※イラストの一部は、タカミコーポレーションフリーイラスト集の素材を利用しています。
posted by 疲労回復 at 12:50| Comment(0) | 疲労回復〜肉体編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

疲労回復〜腹筋と足裏たたき

これは私がある本を読んで、実践していることですが、非常に効き目があります。毎朝30回の腹筋運動と朝晩の足裏たたきです。

【腹筋運動】
腹筋運動は体の中心部を鍛えるわけで、疲れに耐える体力づくりということは、なんとなく理解頂けると思います。実際、人体の体幹を刺激するためか、疲れにくくなった実感があります。
(ただしあくまで肉体的疲労に対してで、精神的疲労に対して間接的にはともかく、直接的な即効性は期待できないと思います。)

【足裏たたき】
これに対し「足裏たたき」は、おそらくつぼに刺激を与えるためか、うまく表現できないのですが、体の内面から疲労回復し健康増進する感じです。足のつぼから全身に刺激が行き渡るためだと思います。私の場合、特に背骨から首にかけての疲労が減少する感覚があります。
(こちらも主に肉体的疲労をターゲットにしています。)

steak_hammer.jpg

【野中広務さんの著書より】
では具体的にどういう疲労回復法・健康増進法なのか、実は参考にした書籍から引用(抜粋)してみましょう。「老兵は死なず 野中広務 全回顧録」で野中広務・元内閣官房長官は次のように書いています。

「毎朝30回の腹筋と朝晩の金槌を使った足裏たたきで、体にどこも悪いところはない。頭もすっきりしている。気力と体力が充実している・・・」(9ページ)

「私が日々実践している健康法をお教えしよう。
 まずは朝には腹筋を30回やる。
 それから足の裏を金槌で叩く。・・・小さな突起のついた肉叩き用の金槌で、足の裏を叩いている。爪先を50回、土踏まずを50回、踵を50回。それを2セットで合計300回。これを朝晩やっている。・・・
 朝の腹筋と金槌で足を叩くことは、腰を痛めた時に若い研修医から教えてもらったものだ。
 以前にゴルフ場で腰が痛くなり、知っている整形外科の病院に行ったのだが、いつもの院長がおらず、若い研修医が診てくれた。
『先生、これはね、うちの院長が言うて注射したり、薬飲んだって、膏薬貼ったってだめですよ。もうしばらくしたら痺れてきて、そのうち動かんようになります』
『何を言うんだ』
『それなら私の言うことを、騙されたと思ってやりなさい』
 そう言って教えてくれて、もう20年ぐらい続けている。おかげで足は今もしっかりしている。」
(146-147ページ)

私もこれを読み、最近実践を始めたのですが、肉体的疲労には効果テキメンです。なんかカラダに一本芯が通ったような気がします。ぜひ試して頂きたい。強くお勧めいたします。

なお肉叩き用の金槌(肉たたき)はインターネットでも売っています。もちろん台所用品ですので、金物屋さんやスーパー、最近では100円ショップでも購入できると思います。例えばインターネットでは下記のような例があります。

■アイデアル ショップ 肉たたき - Yahoo!ショッピング
http://store.shopping.yahoo.co.jp/ideal-shop/c-354.html
■肉たたき 丸型 厨房の家 - Yahoo!ショッピング
http://store.shopping.yahoo.co.jp/chubonoie/0735000.html
■ル・クルーゼ専門店 | シェフランド・肉たたき
http://www.hrcweb.com/Kmeat.html

※参考資料:「老兵は死なず 野中広務 全回顧録」、野中広務著、文藝春秋、2003年
※イラスト:「クリップ アート - Microsoft Office Online」より
http://office.microsoft.com/ja-JP/clipart/results.aspx?qu=j0199306
posted by 疲労回復 at 10:27| Comment(0) | 疲労回復〜肉体編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

疲労回復〜人工炭酸泉

人工炭酸泉ってご存知ですか。
 k_onsen_800.jpg
先日、東京都小平市の温泉「テルメ小川」で初めて人工炭酸泉に入ってみました。すばらしい! カラダの芯から疲れがとれる、という感じです。あくまで個人的な感想ですが、実にすばらしい。疲労回復にぴったりという感想です。

たとえが悪くて恐縮ですが、なんかこう、ガスコンロの調理ではなく、電子レンジで調理されているようです。すなわち感想として、@普通のお湯が外側からカラダをあたためるのに対し、A人工炭酸泉は内側からカラダをあたためる感じです。

※テルメ小川の「人工炭酸泉」(webサイトより)
炭酸ガスが溶け込んだお湯です。疲労回復、血行促進、リラックス効果、美肌効果などがあります。
http://www.terme-ogawa.com/indexshisetu.htm

         ※         ※         ※

「炭酸泉」とは通常、1リットル中に炭酸ガスが1グラム以上とけた温泉を言います。もちろん高濃度です。実際の温度より2℃ほどあたたかく感じるようで、低温のお湯でもカラダに負担をかけず入浴することができます。そして疲労回復等に効果があると言われています。

(株式会社スパッシュさんのwebサイト「炭酸泉の歴史」より引用)
炭酸泉といえば、細かな気泡が特徴で「ラムネ湯」や「サイダー湯」などと呼ばれ、疲労回復や美肌効果などで、今人気の温泉です。
炭酸泉は肌に優しいPH4.5〜5の弱酸性で、アストリンゼント効果ですべすべの肌になるといわれています。
また、炭酸泉は、ストレスの多い現代では、体にのみならず、心にも重要な効果をもたらすとも言われており、皮膚表面に付着し皮膚から吸収されます。
血行促進、皮脂の除去、美容効果、ストレス、筋肉疲労、病気・病後、ケガの治療、冷え性など世代を超えたあらゆる人々に療養泉として認められた効果効能が期待されています。
http://movingbubble.com/movingbubble/artificialcarbonated.html

研究中の分野ですが、下記の中京大学の聞き取り調査では、疲労回復効果がなんと約『75%』(99名中75名)と出ました。
※人工炭酸泉の効能〜入浴施設利用者へのアンケート調査より〜
http://tan-san-sen.com/kenkyukai10_kouka.html

今後の調査・研究そして人工炭酸泉の普及・発展が、大変期待されるところですね。
※人工炭酸泉研究会の公式サイト http://www.co2kur.com/

         ※         ※         ※

疲労回復の効果に関して個人差はあるかと思います。しかし、私は効果テキメンでした。疲労がたまっている方は、ぜひ人工炭酸泉をお試し頂きたいと強く推奨いたします。疲労回復を実感できると思います。

※イラストは『素材のプチッチ』(http://putiya.com/)の素材を利用しています。
posted by 疲労回復 at 22:10| Comment(4) | 疲労回復〜肉体編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

慢性疲労症候群

慢性疲労症候群(Chronic Fatigue Syndrome)、略称CFSをご存知でしょうか。
1988年にアメリカで新しい診断基準が出され、世界中が驚いた「休息しても疲れがとれない」病気です。
「1984年には、アメリカ・ネバダ州にある人口約2万人のインクラインで、人口の約1%にあたる約200名が強い疲労などを訴えた(ネバダ・ミステリー)。アメリカ疾病予防管理センター(CDC)が調査に乗り出し、病名を慢性疲労症候群 (Chronic Fatigue Syndrome) とした。1988年には診断基準も作成された。」(「Wikipedia」、2009年05月13日抜粋)

20-akiduki-29.gif

慢性疲労症候群(CFS)は一般的に、健康診断等を受けても特に病気が見つからないが、重度の疲労状態が6ヶ月以上続く状態です。さらに下記症状のうち8項目以上当てはまれば、CFSに該当するとされます。
@ 微熱がある。
A 頭が痛い。
B 眠れなかったり、眠りすぎたりする。
C のどが痛い。
D リンパ節が腫れて痛い。
E ゆううつな気分が続く。
F 関節が痛む。
G 筋肉が痛む。
H 筋力が低下する。
I 仕事をした後、疲れが長く続く。

慢性疲労症候群(CFS)はあたかも「鉛を抱えたような疲労」を長期にわたり感じる病気です。原因には、ウイルス説、ストレス説、うつ病説等がありますが、残念ながら明確な原因は不明です。免疫系、内分泌系、神経系、遺伝子系など多方面から研究が進んでいるところです。

治療法ですが、特効薬は見つかっておらず、治療法も確立していません。現状として、十分な休養、一部の漢方薬、ビタミンC、メチコバール(ビタミンB剤)、抗うつ薬、免疫グロブリン等の薬剤が有効との報告があります。また睡眠導入剤の処方、認知行動療法なども一定の効果が期待できます。ウイルスが関連している場合、抗ウイルス薬等が有効です。
         ※         ※         ※

ウイルス原因説および抗ウイルス薬の有効性という部分で、帯状疱疹ウイルスが慢性疲労の症状を引き起こしている可能性もあります。加齢などにより免疫力が低下し、体内に常在する「水ぼうそう」の帯状疱疹ウィルスが活性化する。このようなシナリオが考えられます。帯状疱疹を発病された後に慢性疲労の症状があらわれる場合、「ウイルス感染後慢性疲労症候群」と考えられます。

帯状疱疹に詳しい長沼芳和・麻酔指導医によれば、「ウイルス性疾患にかかったあと、全身の免疫が攪乱されて微熱や著しい倦怠感、さらには下痢といった体調不良が長期にわたって続くことがあります。・・・このような状態は慢性疲労症候群の一種と考えられており、ウイルス感染後慢性疲労症候群と呼ばれています。慢性疲労症候群はもちろん帯状疱疹のあとにもおこりうる現象です。」(『帯状疱疹に克つ』58ページ)

長沼博士は下記クリニックを開設されています。下記サイトをご覧になり、ご相談されるのもよいかと思います。
■長沼ペインクリニック
http://www2.odn.ne.jp/naganuma-pain/
         ※         ※         ※

また最近、頚性神経筋症候群の治療法でCFSが治った、という情報がありました。松井病院理事長の松井孝嘉博士のよると、95パーセントの慢性疲労症候群(CFS)患者が、頚性神経筋症候群の治療法で、完治したそうです。

頚性神経筋症候群の治療法ですが、下記だそうです。
「頚性神経筋症候群と診断がついたら、低周波治療や遠赤外線による温熱療法、電気鍼(はり)などで、頚の凝りや緊張をとる治療を中心に行います。また、神経ビタミンの注射をすることも。週数回の通院、もしくは入院治療でこれらの治療を続けると、1カ月程度で症状が改善し、数カ月続けることにより約8割程度が完治します。予防法としてパソコンなどに15分向き合ったら頚の後ろで手を組み、後ろに倒して30秒休憩するのもいいでしょう。」
※「えるこみ保健室」、2009年05月13日抜粋
http://hokenshitsu.sl.lcomi.ne.jp/archives/article/10643.html

詳細は下記サイトをご覧ください。
■東京脳神経センター
http://www.tokyo-neurological-center.com/
■慢性疲労症候群が治る(東京脳神経センターのサイト内)
http://www.tokyo-neurological-center.com/topics/index.html

なおこの頚性神経筋症候群の治療法に関してクリティカルな情報もあわせてご覧ください。
http://www.cnms.info/isaiah/index.php
http://akizou922.blog34.fc2.com/blog-entry-91.html

※参考資料
・『疲れ知らずの簡単な方法』、ライフ・エキスパート編、2003年、河出書房新社
・『帯状疱疹に克つ』、長沼芳和著、2006年、講談社
・『首をチェックして原因不明の頭痛、不調を治す』、松井孝嘉著、2008年、講談社

※イラストは「イラストイチバ」の素材を利用しています。http://i-ichiba.com/
posted by 疲労回復 at 15:03| Comment(0) | 疲労回復〜肉体編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

疲労回復〜炭酸水

近年、炭酸ガスを含んだ「炭酸水」が肉体的な疲労回復に有効だ、と言われています。ここで言う炭酸水とは、いわゆるコーラなどの炭酸飲料ではありません。糖類などの添加物が入っていない炭酸「水」です。ペリエなどの炭酸入りミネラルウォーターが、代表的なものでしょう。


【カラダにいい水の飲み方って? 疲労回復やダイエット、老化防止にも効く水のチカラ】
(2009年02月03日、提供:トレンドGyaO、抜粋)
スーパーやコンビニなどでさまざまな種類が並ぶミネラルウォーター。普段から飲んでいる人も多いと思いますが、ただ何気なく選んで飲んでいませんか? 水の特徴や個性を知って、目的に合った飲み方をすれば、疲労回復やダイエット、老化防止にも役立てることができるんです。知って得する、水の知識をご紹介!・・・
★仕事で疲れているとき
疲れているときは、乳酸が発生し、体内が酸性になっている状態。・・・乳酸を取り除く働きがある、炭酸入りのスパークリングウォーターもおすすめ。・・・
★肩こりのとき肩こりは血行不良が原因で起こります。
血行を良くし、代謝を促す硬水の炭酸水がおすすめです。ストレッチや運動を一緒に行えばより効果がアップ。・・・
★運動が大好きな人
運動は多量の汗をかくので、前後にしっかりと水分補給が必要。・・・運動後には疲労回復に効果がある炭酸の硬水、もしくは酸素を入れた酸素水をコップ1杯。・・・
written by トレンドGyaO 編集部
http://trend.gyao.jp/life/entry-10824.html (抜粋)

         ※         ※         ※

疲労回復に効果がある炭酸水、ただし一度にたくさん飲んでしまうのはNGです。大量の排泄になり、体に負担がかかり筋肉疲労も伴うからです。自分のペースでゆっくり少しずつ飲むのが良いのです。例えば、起床時、食事の前後、入浴後に、就寝前にコップ1杯ずつ炭酸水をゆっくり飲む。こまめな炭酸水による水分補給ですね。

ちなみに炭酸水の疲労回復メカニズムですが、次のようになります。
1. 疲労物質の「乳酸」が筋肉中にたまっている。
2. 炭酸水に含まれる「重炭酸イオン」が、乳酸に含まれる「水素イオン」と結合する。
3. 「水」と「二酸化炭素」が発生し、尿と呼吸により体外に排出される。
簡単に言えば、炭酸水が筋肉中の乳酸を分解し、オシッコとして出す・・・ということです。

炭酸水は一部のスポーツ選手の疲労回復に使われています。サッカーのイタリア代表の選手が使っているケースが有名です。

また日本テレビの「所さんの目がテン!」という番組では、次のような実験を行いました。
「2人の学生さんに30分の運動後、普通の水と炭酸水を飲んでもらいその尿のph値を測定しました。すると炭酸水の方が尿の酸性度が高かったのです。これは筋肉にたまる疲労物質である尿酸が、炭酸水に含まれる重炭酸によって体外に排出されるため、尿が酸性になるのです。尿酸が排出された結果、疲労回復につながるというわけです。」
http://www.ntv.co.jp/megaten/library/date/04/08/0815.html (抜粋)

このように「炭酸水」は疲労回復に効果をもたらします。ぜひ積極的に取り入れたいと思います。

※参考資料:
・「炭酸水と疲労回復」
http://whss.biz/~Sprockets/training/tansankouka.htm
・「炭酸水の意外な効果|BODDY HERRB CAFEの男達」、2009年05月03日
http://ameblo.jp/boddyherrb-mens/entry-10253234671.html
・「気になるぅ:‘天然炭酸水’の効能☆ - livedoor Blog(ブログ)」、2006年06月21日
http://kininaruu.livedoor.biz/archives/50941081.html
posted by 疲労回復 at 22:56| Comment(0) | 疲労回復〜肉体編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。