2012年03月31日

「朝食抜き」で疲労感が消えた?

20120331_a0027_002307.jpg
※写真はイメージです。
サーチュイン遺伝子の影響なのか、砂糖不摂取の影響なのか、朝食抜き+間食なし(缶コーヒー含む)で疲労回復というレポートが載っていました。

「朝食抜き」で疲労感・倦怠感が消えた!(ピュアマネ日記)

なんでも@朝食を抜いて、夕食から昼食までは18時間あけることで、A飢餓感を醸成し、Bサーチュイン遺伝子を目覚めさせ、C体内のミトコンドリアを活性化させ、エネルギー効率を高める・・・そうです。

オイラも試してみようかな・・・。まぁ、朝食抜きは妻に悪いので無理ですが、飢餓感の醸成にはなんとかトライしてみたいと思います。

※写真は「写真素材 足成」の素材を利用しています。http://www.ashinari.com/
posted by 疲労回復 at 09:57| Comment(0) | 疲労回復〜肉体編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。