2011年10月14日

「イミダペプチド」と「唐辛子の力」

個人的意見ですが、日本予防医薬「イミダペプチド」とハウス食品「唐辛子の力」のタッグチームで、疲労回復を試みてはどうでしょうか。「イミダペプチド」は活性酸素を抑え、中長期的に疲労しにくいカラダをつくる。「唐辛子の力」はカプサイシンの作用で、アドレナリンの分泌をほどこし、短期的に疲労感を消す。疲労回復へのベストミックスだと思うのです。

イミダペプチド・パワー

イミダペプチドは疲労の原因とされる活性酸素に働きかけ、活性酸素の発生を抑えます。イミダペプチドはアミノ酸2つからできていますが、ヒトの体内でアミノ酸2つに分解されます。小さくなったアミノ酸は、エネルギーが消耗され疲労した箇所へすばやく移動します。アミノ酸はそこで再び1つに再合成され、活性酸素に直接働きかけ、活性酸素を除去します。

このように、イミダペプチドが疲労のもとを絶つわけですから、疲労しにくい体質をつくり、疲労回復を促進します。

カプサイシン・パワー

「唐辛子の力」の主成分のカプサイシンは、アドレナリンの分泌作用で、体内の血行を良くし、エネルギー代謝を促進します。そして同時に、体内に蓄積された疲労物質の分解もすすむと言われています。まぁカプサイシンの場合どちらかと言えば、疲労物質の分解よりも、「疲労感がマスクされる」状態だと思いますが・・・。

そして、ハウス食品の「唐辛子の力」の良いところは、ずばり辛くない、飲みやすい、です。それでいてカラダが次第にポカポカします。もちろんダイエットにも良いとは思いますが、疲労感も吹き飛ぶ感じです。

         ※         ※         ※

普段は日本予防医薬「イミダペプチド」ドリンクを飲んで、疲れにくいカラダをつくり、ここ一番で仕事が忙しい時にハウス食品「唐辛子の力」のカプサイシン・パワーで、そのときの疲労感を取り去る(マスクする)。もちろん、日本予防医薬とハウス食品の製品にこだわる必要はありませんが・・・。

※参考資料:
・「イミダペプチドの脅威的な疲労回復効果とは!」、http://www.sxcreation.com/
・「話題の鶏胸肉から高濃度抽出したイミダペプチド!」、日本予防医薬株式会社、http://imida.me/1020imida_tv_g/
・「唐辛子の力 | ブランドサイト | ハウス食品」、http://housefoods.jp/products/special/tougarashi/index.html
・「カプサイシンとは」、ダイエット情報サロン、http://www.i-katu2.com/dai/eiyou1-48.html
posted by 疲労回復 at 21:38| Comment(0) | 疲労回復〜肉体編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。