2011年09月15日

疲労回復〜セキュア・ベース

20110915_a0782_001052.jpg
※写真はイメージです。

ストレスは睡眠にとって大敵

疲労回復にとって、最も大切なファクターは「睡眠」です。しかしストレス社会といわれる現代社会にとって、心おきなく睡眠をとるということはかなり難しいと言わざるをえません。そう、ストレスは睡眠にとって大敵なのです。

ストレスに対する防衛手段はいろいろあるとは思いますが、ひとつに、自分を無条件に受け入れてくれるような人間関係を築けるといい、と言われています。どんな時でもとりあえず「愚痴」を聞いてくれる昔からの親友や母親のような存在が必要だということです。

話を聞いてくれる母親のような存在

このような母親のような存在を、心理学ではセキュア・ベースとよんでいます。英国の心理学者ジョン・ボウルビィは、幼児期の発達過程で、幼児が未知の領域を探索するには「心理的なセキュア・ベースが必要である」と唱えました。最近では、子供に限らず大人でもこの概念が適用できると言われています。

つまり、セキュア・ベースによって何らかの「確実性」が担保されると、不確実性やリスクを伴う行為でも、人はリラックスすることができる、というのです。すなわちセキュア・ベースがあれば、ストレス(=不確実性やリスクを伴う行為)を緩和することができ、良質の睡眠を享受することができる(よく眠ることができる)。

所詮、人間は弱い。ストレスを緩和し、枕を高くしてグッスリ眠るには、どんな状況でもとりあえず話を聞いてくれる母親のような「安全基地」が必要なのでしょう。それがひいては、疲労回復にもつながるのです。

※参考資料:
・「CAREERzine」(キャリアジン)、小林俊孝・足利工業大学教授、2010年、http://careerzine.jp/article/detail/925
・「セキュア・ベース - Wikipedia」、最終更新2010年4月3日
・「DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー別冊11月号・「超」MBAの思考法」、14ページ、2009年11月1日、ダイヤモンド社
※写真は「写真素材 足成」の素材を利用しています。http://www.ashinari.com/
posted by 疲労回復 at 19:46| Comment(0) | 疲労回復する睡眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。