2011年07月13日

疲労回復〜歯磨き

a0002_004129.jpg
※写真はイメージです。

会社の上司(実は年下)だった方が、いつも昼食後、歯磨きをしていました。男性です。身だしなみに気をつけている一環で、口臭にも気をつけているのでしょう、と思っていました。先日、トイレで出会ったとき、ちょっと気になっていたので、思い切って聞いてみました。

「歯磨き、すばらしいですね。やっぱり身だしなみですか?」
「いや〜。単純に少し疲れが取れるんですよ。」

??歯磨きが疲労回復? そういえば、以前何かのテレビ番組で、米国の警察官(刑事)が「仕事で疲れたら歯磨きしている」って言ってたっけ。このことか。

         ※         ※         ※

花王ヒューマンヘルスケア研究センターと千葉大学・下山一郎教授の共同研究によれば、脳が疲労した後に歯磨きをすると、脳が活性化され、集中力アップや精神的リフレッシュ効果があるそうです。

実験では、被験者たちは単純計算作業を20分行い、直後に歯磨きをしました。その後、脳と心理の測定(フリッカーテスト、脳波、VAS)を行いました。その結果、脳における疲労回復が認められ、心理的なリフレッシュ効果もあることがわかりました。つまり、歯磨きは、仕事や勉強等で疲れた脳を活性化し、リフレッシュする効果をもつそうです。

ちなみに花王は「昼用歯磨き粉」を発売している。「クリアクリーン チェンジ」です。
(さすが。抜け目無いな。)
当然、「昼食後の歯磨きで気分をリフレッシュ」というのがウリ。気分を高めたいポジティブ系「リフレッシュシトラス」と、集中力アップ系「しゃきっとハーブ」の2種類を出しています。

確かに花王の調査で、昼食後に歯磨きをする人は1998年の31%から、2008年の40%に増加している。理由も眠気覚ましやリフレッシュ等もあり、その潜在ニーズに従い、「クリアクリーン チェンジ」が生まれたわけです。

         ※         ※         ※

疲れたら、歯磨きして、脳をリフレッシュしましょう。
(この記事を書いている途中に、思わず歯磨きしちゃいました。リフレッシュ。リフレッシュ。)

※参考資料:
・「GIGAZINE」、2010年01月14日、http://gigazine.net/news/20100114_toothbrushing_refresh_brain/
・「ニュースリリース」、花王株式会社、2010年01月14日、http://www.kao.com/jp/corp_news/2010/20100114_001.html
・「花王 クリアクリーン チェンジ」、http://www.kao.co.jp/clearclean/change/index.html
・「ITmedia News」、2009年07月02日、http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0907/02/news076.html
※写真は「写真素材 足成」の素材を利用しています。http://www.ashinari.com/
posted by 疲労回復 at 07:50| Comment(0) | 疲労回復〜精神編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。