2010年11月04日

疲労回復〜ため息・深呼吸

a0002_000177.jpg

みなさま、ストレスがたまって疲れたとき、「ため息」をつきますよね。とくに精神的にへこんだ時、多くの人がため息をつくと思います。ため息を定義すれば、ストレス等を感じた時に大きく息をはく状態といえましょう。

これは実は理にかなっているのです。体を休め、血行を良くし、細胞の代謝をほどこし、疲労を回復させる。「ため息」にはこういった役割があるのです。

1. ストレスなどで興奮し、交感神経が活発になると、体内に活性酸素がたくさん発生します。活性酸素は細胞にダメージを与え、疲れた状態になります。

2. すると呼吸の筋肉がかたくなり、呼吸が浅くなります。体内に取り込む酸素が少なくなります。

3. そこで「ため息」の登場です。ため息すなわち「深呼吸」でたくさんの新鮮な酸素を取り込み、副交感神経を刺激します。またたくさんの酸素は、疲労物質(乳酸)を水と炭酸ガスに分解してくれます。

4. すると体はリラックスするモードになり、自律神経のバランスが保たれ、血行も良くなります。

5. 身体の代謝バランスも改善され、細胞の代謝も促進されます。疲労回復に向かうのです。

また昭和大学医学部の本間生夫教授の研究グループによれば、深い呼吸は不安の感情を減らす効果があるそうです。

人間は呼吸をするたびに、脳の「扁桃体」というところで不安や恐怖などのネガティブな感情を認識しています。そのため深い呼吸をすることで呼吸のペースを落とせば、脳が不安を感じる回数を減らすことができ、ネガティブな感情を軽減することができます。(「ココロもカラダも…めざせ!呼吸美人」、NHK「あさイチ」のwebサイトより抜粋)

精神的に厳しい時やへこんだ時、自然とため息が出ます。これは理にかなっているのです。さらに、できれば意識的に「深呼吸」をして、酸素を取り込み、ココロもカラダをいたわり、疲労回復したいですね。

※参考資料:
・Wikipedia「ため息」
・「あさイチ:ココロもカラダも めざせ!呼吸美人」、NHK総合、2010年9月13日、http://www.nhk.or.jp/asaichi/2010/09/13/01.html
・「CBC公式ホームページ>テレビ>カラダのキモチ>アーカイブ>第209回」、http://hicbc.com/
※写真は「写真素材 足成」の素材を利用しています。http://www.ashinari.com/


posted by 疲労回復 at 09:12| Comment(4) | 疲労回復〜精神編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログみてってね
Posted by ゆきぼん at 2011年05月03日 04:33
出会いがないならグリーへGO!女の子との出会いを探すなら今はグリーがアツい!ただいま出会いのためのテクニックや裏技を公開中!若い女の子ばかりなので簡単に釣れる♪
Posted by グリー at 2011年08月26日 17:34
ニューハーフに興味がある人はここでチェック!あなたがニューハーフと付き合える可能性がどのくらいあるのかがわかります!自分では気づかなかった隠された性癖を探してみませんか?
Posted by ニューハーフ at 2011年09月06日 08:46
第36回 エリザベス女王杯 あらゆるデータを駆使した最強予想で挑む!本気で勝ちたいあなたを全力支援する的中率ナンバーワンの大人気競馬予想サイトです!これが予想競馬の神髄だ!
Posted by 第36回 エリザベス女王杯 at 2011年11月05日 15:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。