2009年10月09日

慢性疲労症候群:2009年10月9日情報

【慢性疲労症候群:マウス白血病「XMRV」ウイルスが原因】
毎日新聞、2009年10月9日、引用

原因不明の強い疲労が続く「慢性疲労症候群」の患者は、マウスの白血病ウイルスに近い「XMRV」に極めて高率で感染していることが、米国立がん研究所などの分析で分かった。9日付の米科学誌サイエンスに発表した。同症候群の原因に、ウイルスの過剰増殖による免疫反応の異常があり、研究チームは「XMRVが関与している可能性が出てきた」と説明している。

血液検査の結果、米国の患者101人のうち68人(67%)でXMRVが陽性反応を示した。健康な人の陽性は218人中8人(3.7%)だけだった。

同症候群は1980年代に米国で確認され、世界に約1700万人の患者がいると推定される。これまでの研究で、さまざまなストレスにさらされ続けると、免疫や神経の働きが乱れて発症することが分かっている。【永山悦子】
(引用)
http://mainichi.jp/select/science/news/20091009ddm002040099000c.html

         ※         ※         ※

慢性疲労症候群、ストレス、免疫、神経、そして今回のウイルス・・・。キーワードが一つ増えましたね。ジグソーパズルが徐々にそろってきたかもしれません。

あくまで推測ですが、免疫系がキーポイントだと思います。免疫レベルが下がると、体内のウイルスが活動する。ココだと思います。

すなわち仮説として考えられるのは、過度のストレスが人体の免疫系関連を著しく低下させ、@自律神経、A内分泌腺、B免疫細胞の状態を悪化させます。その人体の恒常性が維持できなくなっている悪い状態を背景に、XMRVウイルスの活動が活発になる(新規感染を含む)、ということでしょう。

ですからおそらく従来の治療の考え方である、適切な処置によりストレス耐性を引き上げれば(あるいはストレスを減退すれば)、慢性疲労症候群は改善されうるでしょう。もちろん当然、XMRVウイルスの活動を制御することも新しい治療法になるとは思いますが・・・。

いずれにせよ慢性疲労症候群の早い全容解明が待たれます。
posted by 疲労回復 at 14:10| Comment(0) | 疲労回復〜肉体編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。