2009年09月07日

疲労回復〜ウナギ

002431.jpg
日本ではウナギは夏場の土用の丑の日に、夏バテ予防として食べられています。これはもちろんウナギに豊富な栄養素が含まれ、また食べることによって疲労回復の効果を期待できる、ということから来ています。実際ウナギには、たんぱく質、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。

ただ現代は飽食の時代です。ウナギはカロリーやコレステロールだけでなくビタミンAも豊富ですが、裏を返せば「食べすぎ」には注意が必要です。またビタミンCは含まれていませんので、その点は果物や野菜等で補う必要があります。

このようにウナギが疲労回復に効果があるというのは、日本人にとってごく自然のことかもしれません。そこで確認しておきましょう。

【ウナギはまさに天然のマルチサプリメント】
ウナギには栄養豊富で肉体的な疲労回復に優れています。ビタミンA、B1、B2、D、EやDHA、EPA、ミネラル(鉄、亜鉛、カルシウム)等、重要な栄養素が豊富に含まれています。したがってウナギは夏バテ解消をはじめ、疲労回復に効果があります。さらに視力や皮膚などの健康維持効果、脳卒中の予防、口内炎の改善、健康な歯や骨の維持、高血圧の予防等の効果が見込まれます。食べすぎには気をつけたいですが、適量であれば、ウナギはカラダにとっては理想的な健康食品といえましょう。ウナギはまさに天然のマルチサプリメントといえます。主な栄養素を見てみましょう。

@ ビタミンA
ウナギには豊富なビタミンAが含まれています。これはウナギ1匹で成人の1日必要量を十分満たしいます。さらにビタミンAは目の働きを良くする効果もあるそうです。

A ビタミンB郡
ビタミンB1はカラダへの疲労回復効果があります。ビタミンB2は口内炎の改善や髪・爪・皮膚などの健康維持に効果があると言われています。

B ビタミンD
ビタミンDはカルシウムを体内に取りこむのに必要な栄養素です。健康な骨や歯を維持するのに大切な栄養素の一つです。カルシウムとともに摂取することで、骨粗しょう症などの予防に効果があるとされています。そうです。ウナギはカルシウムも豊富です。まさに健康な骨や歯の維持にぴったりですね。まさに一石二鳥と言えましょう。

C ビタミンE
ビタミンEは抗酸化作用を持ちます。よって老化防止の働きがあるとされ、若さを保つことに一定の効果が見込まれます。

D DHA(ドコサヘキサエン酸)
DHAは頭が良くなる栄養素として有名ですが、ウナギにも豊富に含まれています。記憶力や視力の回復効果があるようです。またDHAはがん、動脈硬化、アレルギー体質(花粉症、アトピー性皮膚炎)、認知症などの予防と改善にも効果があると言われています。さらにDHAには悪玉コレステロールを減らす作用もあるとされています。

E EPA(エイコサペンタエン酸)
EPAは血管の病気と言われる脳梗塞や心筋梗塞などの予防に効力があるそうです。またコレステロールや中性脂肪を減らす働きもあり、血液の流れを良くし病気の予防になります。

         ※         ※         ※

このようにウナギは人間の体に対し優れた健康食品といえます。ちなみにウナギを食べるのは日本人だけではありません。ヨーロッパでも煮こみ料理などで食べられます。また中国でもウナギはぶつ切り等で中華料理の食材として使われます。やはり洋の東西を問わず人類はウナギの効用を昔から知っていたのですね。

※写真は「写真素材 足成」の素材を利用しています。
http://www.ashinari.com/
posted by 疲労回復 at 15:16| Comment(0) | 疲労回復〜肉体編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。