2010年02月16日

疲労回復〜山椒

20100216_sansho.jpg
日本ではウナギ料理に、中国では四川料理に良く使われる山椒(中国では花椒)。これが意外と疲労回復の効果があると言われています。

山椒の効能としては、@冷え症の改善、A消化不良の改善、B咳止め、C利尿効果、D疲労回復の効果が上げられています。これは山椒に、体を温め血行を良くし、胃腸などの内臓や脳の働きを強める働きがあるからだと考えられています。

山椒はミカン科サンショウ属に分類され、北は北海道から南は四国、九州までの全国の山地に自生しています。従って本来、日本人に古来より非常に身近な香辛料と言えます。それになんと山椒の英名は「Japanese pepper」。

まさに我々日本人に合った、日本人のための香辛料です。より身近な日常の食生活に利用したいものですね。

※参考資料
・「食材mini事典【山椒】」、アストモスエネルギー株式会社、http://www.astomos.com/personal/lpg_life/recipe/column/y0308029.html
・「Blog de TV レシピ」、カツオのあらの山椒煮、日本テレビ、おもいッきりDON!、2009/06/09、http://gold.ap.teacup.com/blogtvrecipe/445.html
・Wikipedia「サンショウ」、2010年2月12日
posted by 疲労回復 at 11:45| Comment(0) | 疲労回復〜肉体編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。