2008年10月21日

疲労回復〜掃除などで快感をえる

疲労回復を考えていると、「捨てる技術」を思い出しました。むかし「捨てる技術」という本が流行りましたね。辰巳渚氏の『「捨てる!」技術』だったと思います。あれからヒントを得たのですが、捨てるなり片付けるなりすると気持ちがスッキリしますね。これを疲労回復に応用しましょう。
souji.gif
捨てることや掃除、後片付け、皿洗い、洗濯などをするとまずは気持ちが穏やかになります。これは脳の機能によるそうです。このような掃除などの一定の単純作業をしていると、脳内に神経物質セロトニンが分泌されます。このセロトニンがこころを穏やかにする働きをするそうです。

お寺の僧侶の方々が朝早くから掃除をキッチリされるのも、もちろんお寺をきれいにするためですが、同時に気持ちを整えることも考慮されていると思われます。聞いた話ですが、お寺でのお掃除はある意味、悟りへの修行のひとつと考えられているそうです。沈黙の中、ひたすら目前の環境を美しくする。その過程で心の煩悩も捨て去る。そういうことができる、という考え方だそうです。

このように掃除などをしていると、セロトニンの影響で、結果として心穏やかになると思います。精神的な疲労が癒され、回復されると思います。

また同時に「掃除など」をすると、スッキリします。これは「快感」です。この快感は脳の視床下部や側座核といった快感中枢に、脳内物質ドーパミンを分泌させます。この「快感状態」は気持ちを少しでも前向きにさせます。精神的に良好な状態になります。脳が元気になります。ここでも精神的な疲労回復が図られます。

ここで私のポイントは、いっぺんにやらないことです。掃除などを一気にやらない。少しずつやる。分割してやる。なぜでしょう。これは「掃除」が楽しみだからです。掃除などが精神的な疲労回復につながるので、「楽しみ」になるのです。楽しみはとっておきましょう。掃除→疲労回復→楽しみ→「とっておく・残しておく」。いっぺんに終わっちゃたらもったいないでしょう。掃除などはちびちびやって、楽しみながら、疲労回復を図りましょう。

まぁ、掃除などはいっぺんにやろうとすると、「できない・続かない」という問題も人によっては出てきますからね。私はそうです。掃除をいっぺんにやるのはきついです。だから少しずつ刻んで刻んでお掃除に励みましょうね。
posted by 疲労回復 at 11:15| Comment(0) | 疲労回復〜精神編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。