2008年10月16日

疲労回復法〜精神編 その2 「癒し」

疲労回復を検討する上で、精神的な疲労回復法のその2として、「癒し」がキーワードになると思います。

dog_iyashi.gif

これは何かと言うと、前述のその1の「快感」で、ある程度、精神的な疲労・悩みが小さくなったと思われます。もちろん疲労や悩みが無くなるわけではありませんが、「快感」の力で脳の中の「疲労・悩み」が小さく押し込まれた状態です。

しかしながら現実に、脳に「快感」を永遠に与え続けるわけにもいきません。そこでプラスカテゴリーの「快感」に対し、反対のマイナスカテゴリーの「癒し」の出番になります。

脳の中で小さく押し込まれた「精神的な疲労」ですが、第2弾の「癒し」パワーでその疲労や悩みを薄めましょう。目的は「精神的な疲労」をリセットし、脳の一部をいったん白紙に戻し、脳を休ませ、休息・睡眠を充分にとらさせることです。

精神的な「癒し」になればよいのです。たとえば、気持ちのよい足指マッサージとか、ほっとする温泉旅行、森林浴、釣り、バーベキュー、リラックスできる音楽、面白い落語、涙が止まらない感動映画などなどが考えられます(個人的には焚き火に癒しを感じます。火を燃やすのは動物と人間とを分けた原点ですから・・・)。

この「癒し」に関しては、昨今ブームですから、きっと自分にあったものが見つかるでしょう。癒された脳は、精神的な疲労・悩みが薄まり、白紙に近い精神状態になり、心地よい睡眠をもたらすでしょう。

精神的な疲労は完全に取り除かれたわけではありませんが、精神的な疲労回復はある程度可能だと思われます。そして日々、バランスの取れた精神状態を取り戻すことを繰り返すことで、疲労回復しやすいこころとカラダを得ることができると思います。

※イラスト・素材の一部は、「イラスト工房」の素材を利用しています。
posted by 疲労回復 at 23:57| Comment(0) | 疲労回復〜精神編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。