2008年10月13日

疲労回復〜精神的な疲労とは

それでは疲労回復を考える上で、精神的疲労を見てみましょう。

みなさん、現実社会の実感として、精神的な疲労というのは、なかなか簡単には取り除けないと言うのが率直な感想ではないかと思います。なぜでしょう。

どうやら近年わかってきたことでは、精神的疲労は主に大脳旧皮質あるいは視床下部あたりの「古い脳」を疲れさせているらしいそうです。それに対し、物事を判断するなど理性的・論理的な思考能力は「新しい脳」の大脳新皮質あたりで行われるようですが、ここは意外に疲れにくいようです。本能や感情をつかさどる「古い脳」が、さまざまな情報が飛び交う現代の情報化社会に対応できず、悲鳴を上げ、疲れているのが実情のようです。

本能などをつかさどる「古い脳」は、太古の昔からあります。歴史が長いので、昔からの自然界からのストレスにはかなりの程度対処できるようです。しかしながら、その「古い脳」は、まだ歴史のとても浅い現代文明からの大きなストレスにはとても対処・処理しきれないと考えられます。

特に近年、IT革命の余波を受け、やれ「インターネットだ」、「携帯電話だ」、やれ「電子マネーだ」と、非常に多くの情報が飛び交う社会になってきました。また最近の情報の特徴は、目に見えにくく、その概念を頭で考えることを強要するカタチが増えてきていると思います。電子マネーの氾濫などその典型でしょう。こうなってくると実は古い脳だけではなく「新しい脳」も疲れてきているかもしれません。
it_game.gif
本来なら、その「古い脳」に適切な休息を与えれば、精神的な疲労回復するはずなのですが、実際にはなかなかそううまくもいかない。恐怖や心配事、様々な悩みで夜も眠れない(休息できない)ケースも多いかと思われます。
posted by 疲労回復 at 11:51| Comment(0) | 疲労回復〜精神編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。