2008年10月11日

疲労回復する睡眠

疲労回復を考える上で、「睡眠」が最も基本的かつ重要なファクターになります。疲労回復と睡眠は切っても切り離せない関係にあると言っても良いでしょう。

精神的にも肉体的にも疲労回復するためには、毎日7時間の睡眠時間を確保し、できれば夜10時から夜2時の時間帯は睡眠に当てましょう。

7時間という点は、日本人で死亡率が最も低い睡眠時間が7時間だからです(名古屋大大学院・予防医学の玉腰暁子助教授らの研究)。つまり日本人にとって最も適切と思われる睡眠時間は7時間なのです。米国でも同様に7時間睡眠の死亡率が低いとの調査結果が出ていますので、現代の人間にとって7時間睡眠が適切であるということが言えそうです。

また夜10時から夜2時の時間帯に睡眠をとると、成長ホルモンが活発に分泌され、睡眠の質が高まるとの研究報告があります。夜12時から夜1時を過ぎて就寝すると、仮に7時間睡眠をとったとしても、深い眠り(ノンレム睡眠)があまりとれないという話もあるようです。

sleep.gif

したがって、夜10時に就寝し、夜11時には眠りに落ち、朝6時に起床するのが、就寝リズムとしては最も良いようです。早寝早起きが体に良いというのは、まんざら嘘ではないのです。昔の人は素晴らしいことを言いましたね。このような生活リズムを身につけ、疲労回復に努めましょう。

そうは言っても、なかなか睡眠がうまく取れないケースも多いと思います。疲れを取るのに睡眠が必要不可欠だとわかっていても、なかなか寝付けず残念ながら不眠状態になる場合もあります。その場合、次に上げる肉体的な疲労回復法および/あるいは精神的な疲労回復法を試すのも一考かと思います。

※イラスト・素材の一部は、「イラスト工房」の素材を利用しています。
posted by 疲労回復 at 02:53| Comment(0) | 疲労回復する睡眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。